「世界最古の原発」再稼働、3年間の補修工事終え スイス

AFPBB News / 2018年3月21日 12時28分

【AFP=時事】スイスにある世界最古の商業用原子力発電所、ベツナウ(Beznau)原子力発電所の1号機が、3年にわたる補修工事を終えて再稼働した。運営会社のアクスポ(Axpo)が20日、明らかにした。環境保護団体などからは再稼働に反対する声が上がっていた。 ドイツとの国境に近い北部アールガウ(Aargau)州に位置するベツナウ原発は1969年に稼働を開始し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング