太平洋のプラスチックごみ、過去推定値の最大16倍に 研究

AFPBB News / 2018年3月23日 14時2分

【AFP=時事】太平洋に漂うプラスチックごみの量は、これまでに考えられていたよりはるかに多く、面積で見るとフランス、ドイツ、スペインの国土よりも大きいことが、22日に発表された調査論文で明らかになった。論文によると、海上のごみはさらに増え続けているという。 オランダを拠点とする研究者らは今回、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング