イラク ISとの関与疑われた女性避難民への性的搾取横行 アムネスティ

AFPBB News / 2018年4月17日 14時15分

【AFP=時事】イラク当局者が国内の避難民受け入れ施設で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」との関与を疑われた女性や子どもに対して性的搾取をはじめ、食事や生活必需品を与えないなどの「集団的な懲罰」を行っていることが明らかになった。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(AmnestyInternational)が17日、発表した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング