写真

海や川から回収されたプラスチックごみ(2014年12月3日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】プラスチックを消化分解する酵素を偶然に作製したとの研究結果を、米国と英国の研究チームが16日に発表した。この成果は今後、深刻化するプラスチック汚染問題を解決に導く助けになる可能性があるという。 世界の海に投棄されるプラスチックは毎年800万トンを超える。そのため、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング