シリア毒ガス疑惑、化学兵器禁止機関の調査団が現地入り

AFPBB News / 2018年4月17日 22時13分

【AFP=時事】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ(EasternGhouta)地区ドゥーマ(Douma)で毒ガス攻撃が行われたとされる問題で、シリア国営メディアは17日、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団が現地に入ったと報じた。 国営シリア・アラブ通信(SANA)は「化学兵器に関する委員会の専門家らがドゥーマ入りした」と伝えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング