写真

オーストラリア・シドニーにあるコールズの店舗(2018年3月16日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】オーストラリアの大手スーパーマーケット「コールズ(Coles)」は16日、乳児用ミルクが買占められ、さらに中国のネット上で2倍以上の価格で転売されている事態を受け、いくつかの店舗では粉ミルクを商品棚に陳列せず、販売を制限する措置を取ると発表した。 シドニーのデーリー・テレグラフ(DailyTelegraph)紙はこれに先立ち、高くても35オーストラリアドル(約2900円)で購入された1キロ缶が、100オーストラリアドル(約8200円)前後で中国人に転売されていると報道。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング