写真

テニス、イタリア国際、女子シングルス2回戦。試合に臨む大坂なおみ(2018年5月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】テニス、イタリア国際(InternazionaliBNLd'Italia2018)は16日、女子シングルス2回戦が行われ、大坂なおみ(NaomiOsaka)は1-6、0-6で大会第1シードのシモナ・ハレプ(SimonaHalep、ルーマニア)に完敗し、3回戦進出はならなかった。 フォロ・イタリコ(ForoItalico)での一戦は、第1セット第2ゲームでいきなり大坂が4本のブレークポイントを握るなど激闘になりそうな予感をさせたが、その後はハレプの14本に対して29本の凡ミスを犯しただけでなく、手にした6本のブレークチャンスを一つも生かせなかった大坂が12ゲーム連取を許し、試合… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング