極右が集団暴行か、市長が襲われ病院搬送 ギリシャ

AFPBB News / 2018年5月21日 18時0分

【AFP=時事】ギリシャ第2の都市、テッサロニキ(Thessaloniki)で19日、式典に出席していたヤニス・ブタリス(YiannisBoutaris)市長(75)が極右団体のメンバーとみられる集団に襲われ、翌20日に病院へ搬送された。 ブタリス市長は19日、第1次世界大戦(WorldWarI)の戦中・戦後にトルコの黒海(BlackSea)沿岸で虐殺されたギリシャ系住民の追悼式典に出席していたが、これに怒った群衆が暴徒化し、市長を襲撃。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング