コメに温暖化の「壊滅的」影響、栄養価低下の恐れ 研究

AFPBB News / 2018年5月24日 15時12分

【AFP=時事】化石燃料の燃焼に起因する二酸化炭素(CO2)の増加に伴い、コメに含まれる一部のタンパク質とビタミンの量が減少するとの研究結果が23日、発表された。結果として数百万の人々が栄養失調の危機にさらされると、研究は警告している。 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(ScienceAdvances)」に掲載された論文によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング