試験飛行中の「電気飛行機」が墜落、操縦士2人死亡 ハンガリー

AFPBB News / 2018年6月7日 23時37分

【AFP=時事】ドイツの複合企業シーメンス(Siemens)は6日、同社の電気推進システムを搭載した電動航空機がハンガリー上空を試験飛行中に墜落し、乗っていた操縦士2人が死亡したと発表した。 事故は先月31日、同国の首都ブダペスト近郊の飛行場で発生。この事故を受けて同社は、ハンガリーの軽飛行機メーカー「マグナスエアクラフト(MagnusAircraft)」製の航空機「eFusion」を飛行させない措置を取ったという。 同社は声明で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング