猛毒リシン使った攻撃計画か ドイツでチュニジア人の男逮捕

AFPBB News / 2018年6月15日 9時40分

【AFP=時事】ドイツの検察当局は14日、猛毒のリシンを使った生物兵器の製造を計画した容疑でチュニジア人の男(29)を逮捕したと発表した。ただ「具体的な攻撃計画」を示唆するものはないと強調した。 警察当局は12日夜、ケルン(Cologne)にあるシエフ・アラー・H(SiefAllahH)容疑者の自宅を捜査したところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング