パリ中心部の電車内で陣痛…! 15人の手助けで無事出産

AFPBB News / 2018年6月19日 20時5分

【AFP=時事】フランス首都パリで18日、電車に乗っていた妊婦の陣痛が始まり、赤ちゃんが電車内で無事生まれるという出来事があった。同市公共交通機関はこれを祝い、この赤ちゃんが25歳になるまで鉄道利用料金を無料にすると発表した。 警察と鉄道職員らの話によると、陣痛が始まった女性がいるとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング