ベッカー氏、「偽物」と指摘された外交旅券は本物と主張

AFPBB News / 2018年6月23日 12時33分

【AFP=時事】男子テニスの伝説的選手でドイツ出身のボリス・ベッカー(BorisBecker)氏は22日、中央アフリカから与えられた旅券が同国の高官から「偽物」であると指摘されたにもかかわらず、英国で進められている破産手続きを免れるための外交特権を行使できるこのパスポートは本物だと主張した。 通算3度のウィンブルドン選手権(TheChampionshipsWimbledon)制覇の実績を誇るベッカー氏は、英BBCの取材に対して「このパスポートは中央アフリカの大使から受け取ったものだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング