ジンバブエの与党集会で爆発 15人負傷 大統領暗殺未遂か

AFPBB News / 2018年6月24日 8時36分

【AFP=時事】ジンバブエ第2の都市ブラワヨ(Bulawayo)で23日、エマーソン・ムナンガグワ(EmmersonMnangagwa)大統領が出席した与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)の選挙集会で爆発があり、副大統領2人や党幹部を含む15人が負傷した。同大統領は無事避難した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング