写真

ナチス・ドイツのシンボルの鉄十字とかぎ十字が描かれた国旗をつくる女性労働者(1936年撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】ドイツのゲーム業界の倫理審査機関は9日、パソコンゲームや家庭用ゲームで「かぎ十字」などのナチス・ドイツ(Nazi)のシンボルの使用が許可される可能性があることを発表した。 ドイツでは、ナチスと戦うゲーム「ウルフェンシュタイン(Wolfenstein)」シリーズをめぐり、激しい議論が巻き起こっていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング