写真

アフガニスタン旧支配勢力タリバンが南西部の都市ガズニへの攻撃を開始した後、立ち上る煙(2018年8月10日撮影)。(c)ZAKERIA HASHIMI / AFP

【AFP=時事】アフガニスタン南西部で9日、旧支配勢力タリバン(Taliban)がガズニ(Ghazni)市の占拠を狙った大規模な攻勢を仕掛けた。同国軍は、米軍のヘリや無人攻撃機の援護を受けて応戦。翌10日には市内に残るタリバン戦闘員の掃討作戦を開始した。 タリバンは和平交渉を迫られる一方、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング