ナチス収容所跡で尻出す、イスラエル少年に罰金 ポーランド

AFPBB News / 2018年8月14日 18時26分

【AFP=時事】ポーランドの警察当局は13日、同国東部ルブリン(Lublin)郊外にあるナチス・ドイツ(Nazi)のマイダネク(Majdanek)強制収容所跡でイスラエル人の少年(17)が尻を出し、一時拘束されたと明らかにした。少年は罰金を払い、現在は帰国しているという。 地元警察の報道官によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング