写真

韓国南部・巨済島で行われた進水式で披露された、3000トン級潜水艦「島山安昌浩(トサン・アン・チャンホ)」(2018年8月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】韓国で14日、同国初のミサイル搭載が可能な攻撃型潜水艦「島山安昌浩(トサン・アン・チャンホ、DosanAhnChang-ho)」の進水式が行われた。 3000トン級の同潜水艦は、7億ドル(約780億円)をかけて建造された。巡航ミサイル、弾道ミサイル両方の発射が可能だ。 韓国と核を保有する北朝鮮との関係はここへ来て緊張が緩和しているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング