ロナウド、性行為は「完全に合意の上」 暴行疑惑を再度否定

AFPBB News / 2018年10月11日 9時52分

【AFP=時事】イタリア・セリエA、ユベントス(Juventus)のスター選手でポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(CristianoRonaldo)が10日、自身の代理人を通じて、2009年に米ラスベガスのホテルで出会った女性に性的暴行を加えたとされる疑惑を否定し、性行為は「完全に合意の上」だったと再度主張した。 ロナウドの代理人を務めるピーター・クリスティアンセン(PeterChristiansen)氏は、同選手のマネジメントを行うジェスティフテ(Gestifute)社が出したコメント文で、「ロナウドは沈黙を破ることを余儀なくされている」と切り出すと、「2009年にラスベガスで起…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング