薬物注射ではなく電気椅子で、米死刑囚が執行方法の変更要求

AFPBB News / 2018年10月11日 18時59分

【AFP=時事】米テネシー州で11日に刑を執行される予定だった死刑囚が、薬物注射による刑執行を中止し、電気椅子で執行するよう求める申し立てを連邦裁判所に行った。 8日に申し立てを行ったのは、薬物を売る約束をほごにした男性2人を殺害した罪で1984年に死刑判決を受けたエドモンド・ザゴースキー(EdmundZagorski)死刑囚(63)。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング