気候変動対策に肉の消費減が不可欠、「欧米で9割減」提言 研究

AFPBB News / 2018年10月11日 22時7分

【AFP=時事】世界は壊滅的な気候変動を回避するために、肉の消費量を大幅に削減することが不可欠だとする研究結果が10日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。 急速な地球温暖化に歯止めをかけるため、人類は厳しい選択を迫られている。英オックスフォード大学(UniversityofOxford)の研究員らが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング