写真

トルコ・イスタンブールを訪問したロシア正教会のキリル総主教(2018年8月31日撮影)。(c)OZAN KOSE / AFP

【AFP=時事】キリスト教東方正教会で最も高い権威を持つコンスタンチノープル総主教庁は11日、ウクライナ正教会の独立を承認したと発表した。この決定をウクライナは歓迎したが、ウクライナ正教会の管轄権を主張するロシア正教会は「破滅的」と非難した。 ロシアはウクライナ正教会の独立承認をけん制し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング