ドイツ・ケルン中央駅で人質事件、人質救助 容疑者は重傷 テロの可能性も

AFPBB News / 2018年10月16日 10時10分

【AFP=時事】ドイツ西部のケルン(Cologne)中央駅で15日、男が火炎瓶を投げ、女性を人質に取り立てこもる事件が発生した。警察は犯行の動機が「テロリズム」だった可能性もあるとの見方を示した。 午後12時42分(日本時間同日午後7時42分)に通報があり、当局は駅一帯を封鎖して利用客を避難させるとともに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング