人体標本展を中止、拷問死した中国人の可能性 スイス

AFPBB News / 2018年10月17日 14時50分

【AFP=時事】スイスのローザンヌ(Lausanne)で行われている人体標本などの展覧会で、中国で拷問され処刑された受刑者らの遺体が含まれている可能性があるとして、同市当局は16日、展覧会を中止する決定を下した。 保存された人体標本の展覧会「リアル・ヒューマン・ボディーズ(RealHumanBodies)」は、これまでにオランダ、ベルギー、スイスの首都ベルンを巡回してきた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング