コービー氏、映画祭の審査員外され落胆 過去の性的暴行事件で

AFPBB News / 2018年10月18日 10時43分

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手で、第90回アカデミー賞(AcademyAwards)を受賞した映像作家のコービー・ブライアント(KobeBryant)氏が17日、2003年の性的暴行事件を理由にアニメーション映画祭の審査員から外されたことを受け、失意を表した。 ロサンゼルス・レイカーズ(LosAngelesLakers)のアイコンで、今年には自身が題材の作品「DearBasketball」でアカデミー賞の短編アニメーション賞に輝いたブライアント氏だが、映画祭への自身の参加に反対するオンライン上の署名活動を受け、審査員から除外されることになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング