中国が「人工月」打ち上げへ 街灯代わり、電気代節約に

AFPBB News / 2018年10月19日 19時59分

【AFP=時事】中国が2020年までに、照明用の人工衛星、いわば「人工の月」を打ち上げ、街灯の代わりに都市部を照らし、電気代を削減する計画であることが分かった。国営メディアが19日、報じた。 国営英字紙チャイナ・デーリー(ChinaDaily)によると、南西部四川(Sichuan)省成都(Chengdu)市が開発中の「照明衛星」は本物の月と共に輝き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング