中国の巨額支援、アフリカは「債務地獄」に苦しみ始めているのか

AFPBB News / 2018年10月23日 9時0分

【AFP=時事】西アフリカの貧困国シエラレオネは今年、新空港建設のための資金の融資契約を中国輸出入銀行(ChinaEximBank)と結んだ。だが、その数か月後、工費推定4億ドル(約450億円)とされたマママ(Mamamah)国際空港の建設計画は立ち消えとなった。シエラレオネの新政府が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング