写真

濃いスモッグに覆われたインド首都ニューデリーの様子(2018年11月8日撮影)。(c)Money SHARMA / AFP

【AFP=時事】インドの首都ニューデリーは8日、大気汚染が人体に危険なレベルに達した。前夜に行われたヒンズー教の光の祝祭「ディワリ(Diwali)」で、最高裁判所が使用を制限したにもかかわらず大量の花火が使用され、悪化を招いた。 最高裁は、ディワリを祝う花火の使用を2時間のみに制限するとともに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング