急性弛緩性脊髄炎、米で患者急増 ポリオ似の疾患

AFPBB News / 2018年11月14日 11時29分

【AFP=時事】米保健当局は13日、手足のまひを突然発症する子どもが急増していることを受け、調査を進めていることを明らかにした。現時点では、ウイルスや自己免疫疾患との関連が疑われている。 米疾病対策センター(CDC)の国立予防接種・呼吸器疾患センター(NationalCenterforImmunizationandRespiratoryDiseases)のナンシー・メッソニエ(NancyMessonnier)所長によると現在、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング