緊張高まるAPEC、中国代表団がパプア外相の執務室に「乱入」試みる

AFPBB News / 2018年11月18日 16時21分

【AFP=時事】アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開催されているパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで、中国の当局者がパプアニューギニアのリムビンク・パト(RimbinkPato)外相の執務室に「乱入」しようとしていたことが、18日に明らかになった。 事情を知る複数の関係者がAFPに語ったところによると、首脳会議の声明をめぐるギリギリの交渉が続く中、中国代表団のメンバーらが17日、パト外相の執務室への「乱入を試みた」ものの、パト外相は中国代表団との面会を拒否。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング