写真

ミャンマー北部カチン州ミッチナで、線路を横切る女性(2012年2月26日撮影、本文とは関係ありません)。(c)Soe Than WIN / AFP

【AFP=時事】ミャンマー北部で、女性や少女が中国へ売られ結婚を強制される事例が後を絶たず、被害者が推計7500人に上ることが、7日に発表された報告書で明らかになった。紛争が続く両国国境地帯にはびこるこの問題が研究対象になったのは、今回が初めてとみられている。 中国では数十年続いた一人っ子政策の影響で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング