イエメンのホデイダで空爆と戦闘、29人死亡 停戦合意から数日後

AFPBB News / 2018年12月16日 19時42分

【AFP=時事】内戦が続くイエメンの港湾都市ホデイダ(Hodeida)郊外で15日夜、空爆と激しい衝突が発生した。暫定政権支持派の情報筋や住民が明らかにした。 これに先立ち、サウジアラビア主導の連合軍が支援するアブドラボ・マンスール・ハディ(AbedrabboMansourHadi)暫定政権とイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装組織「フーシ派(Huthi)」は13日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング