韓国のショートトラック五輪女王が涙、コーチからの暴行被害を証言

AFPBB News / 2018年12月18日 17時12分

【AFP=時事】五輪のショートトラック女子で合計2個の金メダルを獲得した韓国の沈錫希(Suk-HeeShim、シム・ソクヒ)が17日、コーチから暴力を受けたとして訴えている裁判で、長年にわたる暴行の内容を涙ながらに告白した。 現在21歳の沈は、2014年ソチ冬季五輪と母国開催となった今年の平昌冬季五輪のショートトラック女子3000メートルリレーで優勝するなど、合計4個の五輪メダルを手にしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング