家族から逃走のサウジ女性、カナダが亡命受け入れ

AFPBB News / 2019年1月12日 16時35分

【AFP=時事】(写真追加)家族の元からタイへ逃れ、第三国への亡命を申請していたサウジアラビア人女性のラハフ・ムハンマド・クヌン(RahafMohammedal-Qunun)さん(18)について、カナダのジャスティン・トルドー(JustinTrudeau)首相は11日、自国への亡命を受け入れると発表した。 当局はこれまで、クヌンさんがオーストラリアに亡命することを強く示唆しており、トルドー首相の発表は予想外の展開。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング