ハワイ沖に巨大ホホジロザメ出現、体長6メートルの雌 ダイバーと泳ぐ

AFPBB News / 2019年1月18日 11時44分

【AFP=時事】米ハワイ州オアフ(Oahu)島の沖合で、巨大なホホジロザメをダイバーたちが発見した。体長約6メートルの雌で、ダイバーと一緒に泳いだという。 巨大ザメは15日、他のサメがマッコウクジラの死体に群がっているところに突然、姿を現した。世界最大級のホホジロザメ「ディープ・ブルー(DeepBlue)」とよく似た斑点が体にあったという。 発見者のダイバーの一人、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング