米軍、ソマリアの過激派勢力を空爆 戦闘員52人殺害

AFPBB News / 2019年1月20日 7時1分

【AFP=時事】米アフリカ軍(AFRICOM)の発表によると、米軍は19日、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系のイスラム過激派武装勢力「アルシャバーブ(Al-Shabaab)」によるソマリアの陸軍基地襲撃を受けて、同勢力を標的とした空爆を行い、戦闘員52人を殺害した。 発表によれば「米アフリカ軍は、大規模なアルシャバーブ戦闘員集団によるソマリア陸軍基地襲撃への報復として(アルシャバーブに対する)空爆を行った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング