ボンが即時引退の可能性を示唆、復帰戦で思うように滑れず涙 「体動かない」

AFPBB News / 2019年1月21日 11時12分

【AFP=時事】2018-19アルペンスキーW杯は20日、イタリア・コルティナダンペッツォ(Cortinad'Ampezzo)で女子スーパー大回転第4戦が行われ、失格に終わったリンゼイ・ボン(LindseyVonn、米国)はレース後、これが現役最終戦になるかもしれないと涙を流した。 膝の負傷から今大会で復帰し、両膝に装具をはめて出場しているボンは、この日のスーパー大回転で、過去にW杯12勝を挙げている会場で完走できないという不本意な結果に終わると、34歳となった「体の無理が全然きかない」と涙ながらに話した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング