イスラエル軍がシリアを空爆、11人死亡 イラン施設標的

AFPBB News / 2019年1月21日 18時59分

【AFP=時事】イスラエル軍は20日夜から21日にかけて、シリアにある複数の施設に対して空爆を行い、シリア人2人を含む政府派戦闘員少なくとも11人が死亡した。在英NGO「シリア人権監視団(SyrianObservatoryforHumanRights)」が明らかにした。 イスラエル軍によると空爆の標的はイランの軍事施設で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング