ペルーのフジモリ元大統領、再収監は「緩やかだが確実な死刑」

AFPBB News / 2019年1月24日 11時34分

【AFP=時事】在任中に政治的動機に基づき殺人を命じたとして禁錮25年の有罪判決を受け、健康問題を理由に人道的恩赦を与えられていたペルーのアルベルト・フジモリ(AlbertoFujimori)元大統領が23日、再収監を目前に「独房へ戻ることは緩やかだが確実な死刑」だと訴えた。 ペルー最高裁が昨年10月、フジモリ氏の人道に対する罪への恩赦を取り消し、再収監を命じる決定を下していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング