ローマ法王、米メキシコ国境の壁建設は「狂気の沙汰」

AFPBB News / 2019年1月24日 13時28分

【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(PopeFrancis)は23日、米メキシコ国境に壁を建設するドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領の計画を「狂気の沙汰」と非難し、移民に対する「恐怖感によって私たちはいらだっている」と述べた。 カトリックの祭典「世界青年の日(WorldYouthDay)」に出席するため中米パナマに向かう専用機内で、記者団の質問に答えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング