警官が容疑者にヘビ巻き付かせ自白強要 インドネシア・パプア州

AFPBB News / 2019年2月12日 7時46分

【AFP=時事】インドネシア東部パプア(Papua)州の警察署で、警官がおびえる窃盗容疑者の体に生きたヘビを巻き付かせ、自白を強要していたことが分かった。当局が11日調査を開始した。この警察署の署長は事実関係を認めている。 この問題では、手錠をかけられ、はだしで床に座らされたすりの容疑者が悲鳴を上げる姿が動画に撮られ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング