頭部強打でピッチに倒れたナポリGKが退院、日本戦は欠場へ

AFPBB News / 2019年3月19日 12時57分

【AFP=時事】イタリア・セリエAのナポリ(SSCNapoli)は18日、ウディネーゼ(Udinese)戦で頭部を強打し、ピッチに倒れたGKダビド・オスピナ(DavidOspina)が退院し、現在は回復中であると発表した。 イングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)からローン移籍中のオスピナは、17日に行われた試合で相手選手とぶつかり治療を受けると、一時はプレーを続行したが41分に突然ピッチに倒れた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング