性別変更に不妊手術求める日本は「法改正を」、人権団体HRW

AFPBB News / 2019年3月20日 17時58分

【AFP=時事】日本でトランスジェンダー(性別越境者)が法律上の性別変更を希望する場合に事実上、生殖腺を除去する不妊手術を求めていることについて、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HumanRightsWatch)は20日、「早急に」法律を改正を行うべきだとする声明を発表した。 2004年に施行された性同一性障害特例法によれば、法律上の性別変更を求めるトランスジェンダーは家庭裁判所に申し立てを行うとされている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング