地図から消えた湖、気候変動と開発で干上がった避暑地 チリ

AFPBB News / 2019年3月22日 15時22分

【AFP=時事】チリの首都サンティアゴのアクレオ湖(LakeAculeo)が消滅した。かつては週末の行楽地としてにぎわっていたが、今では最後に残っていた草を食べに来たのであろう牛や馬の骨が、ひび割れた大地に散らばっている。 アクレオ湖の消滅はあまりに突然で、まるで誰かが巨大な栓を抜いて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング