「なぜ自分は生き残ったのか」 高校銃乱射事件の生存者が自殺 米フロリダ州

AFPBB News / 2019年3月23日 13時53分

【AFP=時事】米南部フロリダ州パークランド(Parkland)の高校で昨年2月に起こった銃乱射事件で、生存者の19歳の女性が罪悪感から自殺していたことがわかった。地元メディアが22日に報じた。 シドニー・アイエロ(SydneyAiello)さん(19)は、昨年2月14日に事件があったマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校(MarjoryStonemanDouglasHighSchool)の生徒だった。事件では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング