勝ち急いだ大坂が反省「未熟だった」、逆転負けに落胆 マイアミOP

AFPBB News / 2019年3月24日 11時9分

【AFP=時事】23日に行われたマイアミ・オープン(MiamiOpen2019)女子シングルス3回戦で台湾の謝淑薇(Su-WeiHsieh、シェ・スーウェイ)にフルセット負けした世界ランキング1位の大坂なおみ(NaomiOsaka)が試合後、未熟さと集中力の欠如を露呈した自身を責めた。 トップシードの大坂はこの日、第2、最終セットでいずれも1ブレークアップとリードしていたが、闘争心を出してプレーする第27シードの謝に屈し、自身が劇的な勝利を飾った全豪オープンテニス(AustralianOpenTennisTournament2019)の雪辱を許した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング