ノートルダム大聖堂、再建資金の寄付者を狙った詐欺行為が横行

AFPBB News / 2019年4月18日 16時12分

【AFP=時事】大火災に見舞われた仏パリのノートルダム大聖堂(NotreDameCathedral)の再建のために寄付をしようとする人を狙った詐欺行為が横行しているとして、フランス遺産基金(FrenchHeritageFoundation)は17日、注意を呼び掛けた。 同基金にはこれまで、ノートルダム大聖堂の修復のために個人の寄付者らから計1300万ユーロ(約16億4000万円)以上が集まっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング