校長からセクハラ受けた女子学生、通報後に火を付けられ死亡 バングラ

AFPBB News / 2019年4月19日 19時18分

【AFP=時事】バングラデシュで、校長からのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を警察に通報した女子学生が、複数の人物に火を付けられて後に死亡する事件があった。警察が19日、発表した。女子学生の襲撃を指示したのは、セクハラを行った校長だったとみられている。 10日に病院で死亡したのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング