リビア国民合意政府、首都奪取目指すハフタル氏勢力に反撃開始 空爆も

AFPBB News / 2019年4月21日 8時44分

【AFP=時事】国連(UN)の支持を受け、国際的に承認されているリビアの国民合意政府(GNA)は20日、首都トリポリ奪取を目指している元国軍将校の実力者ハリファ・ハフタル(KhalifaHaftar)氏率いる軍事組織「リビア国民軍(LNA)」に対する反撃を開始した。 国民合意政府のムスタファ・メジイ(Mustafaal-Mejii)報道官は、「われわれは新たな攻撃を開始した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング