スリランカ連続爆発、警察長官が辞任 国防次官に続き引責

AFPBB News / 2019年4月26日 16時23分

【AFP=時事】スリランカで起きた連続爆発事件で過失があったとして、プジット・ジャヤスンダラ(PujithJayasundara)警察長官が引責辞任した。マイトリパラ・シリセナ(MaithripalaSirisena)大統領が26日、記者会見で明らかにした。 シリセナ大統領は「警察長官が辞任した。彼は辞表を国防相代行に提出した。すぐに新たな警察長官を指名する」と述べた。新警察長官は憲法制定議会の承認を経て就任することになる。 これに先立ち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング